緊急提言仲違いの多さ

これちょっとどうしても読んで欲しいことがあって、自分の周りだけかも知れないのですが、この夏、つまりこの678月って、ものすごく仲違いが多いんです。今まですごく仲が良かった夫婦の人も仲違いをして数か月口をきいていないとか、数十年ぶりの大喧嘩をして冷戦状態とか、とにかくそういう話が多いのです。

ちょっと今年の1月にFM横浜のGodBlessSaturdayごぶさたに出演させてもらったときに

2016年と2017年って龍の年に思えるって言ったんですね。はい、思いきり怪しいですね。

その時のブログがこちらで、そこから抜粋したいのですが

2017年ってそのストレスにみんなが我慢できなくなっちゃうんです

龍って、今まで溜めてきたものが一気に噴き出すとか抱えてきたことが我慢できなくなるとか、もっとプラスの面では今までコツコツやってきたことが一気に大成果に結びつくって、良いことにしろ、悪いことが起こるにしろ、ふり幅がすごく多くなってしまって、どっちにしろストレスになってしまうんですね。

みんなが、マイペースにやって、色修復しながらすこしずつ前に進むということが難しくなって、何かが起こるときは予測もできなくて一気にって感覚なのです。

だから、動揺が激しい。え、それ今言うの?とか、さっきの仲違いの話だとなんでこんなに言われなくちゃいけないの?とかえ、私そんな怒らせるようなことした?って、ちょっとこれを覚えておいて欲しいのですが

2017年って、あらゆる行動とか現象が派手です。

だから、そのことの激しさとか派手さに動揺し過ぎないでください。できればふーんって言ってあ、今こういうことが起こったのねってちょっと動揺しながらも大きく受け止め過ぎないって心構えがすごく大事になります。

アドバイス

ここからはアドバイスなのですが、

何かショックなことが起きている人、身近な人と仲違いをしている人。できれば神社や仏閣に行ってください。これは別に特定の宗教がどうとかではなくて、気持ちを立て直す時って娑婆しゃばの空気じゃやっぱりダメなんです。ある程度神聖で丁寧な空気が流れていないとあの野郎という気持ちが色濃く残っちゃうから。

そこで、いわゆる神社とかお寺の境内に入ったときに、心をできるだけ静かにして

ここまできたか

とつぶやいてみてください。心の中で大丈夫ですよ。

そしたらですね、人は一人の力を取り戻していきます。名越康文先生が言うソロタイムです。

ここまできたかと言ってみるとですね、人生って本当に奇縁の連続でしかないことに気づきます。誰かと一緒になることも、今いる場所も、今やっていることも。

でも、それって誰かのおかげでもあるし、自分の力で成し遂げてきたことでもあるし、その奇縁をつかむことができたのは自分自身であるし。

他人とか人間関係って、どうしてもストレスの原因になります。でも、誰かがいることでただいまーって言ってきた過去とか現在があるわけだし、おみやげを見たときにあの人に何か買っていこうかなと思えたリ、花を生けたら綺麗。どこで買ったの?と言ってもらったり。もしそれが最近の記憶でなかった人は他人から言ってもらった温かい一言とか温かい空気を思い出してみてください。今ひとりの人も。

今年ってどの人も限界まで追い詰められている人が多いです。それは外見的にわからなくても。

だから、いっぱいいっぱいになってしまって、ちょっとの掛け違いからムッとして謝れなくなったなんて本当によく起こります。

その時はここまできたかと、あとはそれ以外は幸せなんだよなってそのショックな出来事以外のことをちゃんと思い出してみてください。そして自分にできることをする。仲違い問題に関してはちょっと放っておく。自分の時間を欲しいときってどの人もあるわけだし。

もう一度言います。

2017年は起こった出来事の激しさや派手さに惑わされ過ぎないでください。

音が大きく聞こえ過ぎるし、現象が強く見えすぎるだけです。

だから、ときどきひとりの時間を持ってここまできたかを。

ひとりの時間を取り戻して、それで謝りたくなったら謝ってください。まだ時間が必要だと思ったらそうしてください。