CDは成功しSACDは失敗し、MP3が成功し、ハイレゾはどうなる。

CDが世に出たころ、オーディオマニアの少なくない人々がレコードに比べて

音がいまいちだと指摘していた。

あとから出たものが前からあるものより劣るのに、

それが前からあるものを駆逐するほどに普及するはずが無い。

 それでも結果的には音が悪いはずのCDは普及した。

CDの音が悪いと指摘したのはコアなオーディオマニアで

普通に音楽を楽しむ層から見ればCDの音はレコードに比べて

同じようなものか、むしろノイズが少ない分良く感じられた。

 そんな音がどうのこうのなんてことより、扱い勝手が圧倒的に便利だった

と言うのが支持された最大の理由である。

 しかし、オーディオマニアから見れば音が悪いという不満は残ったままである。

それに応えるべくSACDが提示されたのだが、

大部分のユーザーから見ればSACDの音が良いというその差が認識できない。それまでのCDコレクションを捨ててまでSACDに乗り換える動機が働かない。SACDが成功する理由が見いだされない。

 ウォークマンはレコードでは出来なかった、いつでもどこでも音楽を楽しむという新しい生活スタイルを提示し、瞬く間に受け入れられた。

MP3はその使い勝手を格段に向上させるメディア手段として登場し支持された。使い勝手の向上と言う、レコードに対するCDと同じ位置づけとして評価された。

一般大衆にとって、質において必要にして十分なものに対し、

新しいものが受け入れられるには使い勝手が格段に向上するか、

全く新しい生活スタイルを提示しなければ支持されない。

 では、ハイレゾはメディアでみればMP3と同じ配信という流れにあるが、

位置づけで言えば、CDに対するSACDの位置づけになる。

クラシック音楽をより良い音で楽しみたい私(コアなオーディオマニアとして)は、

ハイレゾに期待するが、

前途多難である事は間違いない。

ただ、メディア製作側でMP3もハイレゾもコストは同じということになれば

SACDよりは、それなりに成功する可能性がある。

 いずれにしても製作側が、ビジネスの観点からと言うより「音楽をより良い音で」という強烈な理念が無ければ実現できないだろう。