熊本のソウルフード〜熊本ラーメン

熊本のソウルフードは定番の熊本ラーメンに落ち着きました。

熊本には太平燕という、独特の麺料理もあってなかなか捨てがたいのですが、ソウルフードというには品が良すぎるのかもしれません。

熊本ラーメンも九州ラーメンのご他聞にもれず、豚骨ラーメンです。

豚骨ラーメンなど、どこでも一緒と思いきや、それぞれ地域性があるようで、その土地の人にとってみれば、そこは「譲れない一線」なのでしょう。

熊本ラーメンの源流は久留米ラーメンなんだそうです。

それが玉名に伝わって玉名ラーメンとなり、さらに南下して熊本ラーメンの誕生をみたといいます。

この手の庶民の味というのは自然発生的なところがあり、来歴もつまびらかではないのが一般的なのですが、熊本ラーメンは由来がはっきりしている珍しい例です。

劉壇祥、木村一、山中安敏の仲良し三人組が、玉名でラーメンの味にめざめ、熊本でラーメン店を始めたのが始まりなんだそうです。

ちなみに劉壇祥が始めたのは味仙ラーメン。

中国をはじめ世界各地に店舗が存在する、ラーメンの巨大チェーンです。