アメリカと北朝鮮の戦争機雷封鎖undersae-mineblockade

アメリカと北の軍事対立はおそらく突然はじまる。

B1Bというのは、高度五十メートルから百の超低空飛行で

爆撃。

ただ、北の核攻撃に対して、日本では被害の可能性は

ないとはいえない。

ただ今、カールビンソンとロナルドレーガン

朝鮮半島を挟み撃ちにしている。

かりに北が消えたとする。

この次にThaadの問題が出てくる。

米中ロの対立が深刻化する。

一方、南方面の尖閣水域がもんだいになる。

尖閣は上陸作戦をするというが

これがなかなか、死傷者が出る。

ここで、兵頭二十六センセのまるで

羽柴秀吉高松城水攻めのような作戦がある。

ぜひとも見てください

まるで秀吉の毛利戦である。

数十年の持久戦を日本は仕掛けられる。

つまり立場が逆転する。