歩くことは生きること。

ふと、外に出しているブラックボードを

書き直しました。

歩くことは

生命維持そのものです

大げさな!と思われちゃうかもしれませんね。

でもね、足の仕事を専業にして

1年半、足の奥深さにずりずりと引き込まれ

こんなに足脚って大事なんだ!!

とあらためて思ったんです。

それまでは、あって当たり前の

脚足。気にも留めませんでした。

せいぜい、爪切りが好きなくらいで。

足がこんなにも健康に直結するとは

考えてもいませんでした。

もちろん足だけの問題ではないのですが、

足を大事にすることは

自分を大事にすること、守ることに

通じていると心から思います。

医療費を減らしたい、

健康寿命を延ばしたい

そんな国の思惑に手を貸せるのが

フットケアだとすら思います。

1年半前、私が本当の意味での

足の大切さをわかっていなかったように

まだまだ知らない人がたくさんいるわけです。

なぜ、足を大切にすることが必要なのか。

それはしっかりと歩く為です。

歩くことは生きることそのもの。

だって、歩くことで

第二の心臓を動かしてるんですから。

血流の滞りが病を生みます。

身体の隅まで血をめぐらせるためには

歩く

これが重要なのです。

でも、足にトラブルがあっては

きちんと歩けません。

きちんと歩けないと膝や腰に負担がきます。

さらに歩きたくなくなります。

膝腰が悪くなった原因はなんですか?

歩き方が実は原因かもしれませんよ?

何十年も間違った靴の履きかたを

して、歩き続けたら、おかしくなります。

急に膝腰は痛くならないはず。

全てではないでしょうが、

足が原因の不調はたくさん。

今からでも遅くはありません。

自分の足、見つめなおしてみませんか?

私たちも、一人でも多くの方に

元気に人生を過ごして頂くべく

足の大切さをお伝えしていきます!!

なにせ、足屋ですから

いやぁ、良い仕事してますなぁ!!

あなたもフットケアの扉を

開けて飛び込みませんか?

おまたせいたしました

いよいよ

9月開講です

詳しくは

こちらをクリックしてね

フットヘルパー養成講座のご案内

フットケアセンター山形HP

フットケアセンター山形