熊本のソウルフード〜熊本ラーメン

熊本のソウルフードは定番の熊本ラーメンに落ち着きました。

熊本には太平燕という、独特の麺料理もあってなかなか捨てがたいのですが、ソウルフードというには品が良すぎるのかもしれません。

熊本ラーメンも九州ラーメンのご他聞にもれず、豚骨ラーメンです。

豚骨ラーメンなど、どこでも一緒と思いきや、それぞれ地域性があるようで、その土地の人にとってみれば、そこは「譲れない一線」なのでしょう。

熊本ラーメンの源流は久留米ラーメンなんだそうです。

それが玉名に伝わって玉名ラーメンとなり、さらに南下して熊本ラーメンの誕生をみたといいます。

この手の庶民の味というのは自然発生的なところがあり、来歴もつまびらかではないのが一般的なのですが、熊本ラーメンは由来がはっきりしている珍しい例です。

劉壇祥、木村一、山中安敏の仲良し三人組が、玉名でラーメンの味にめざめ、熊本でラーメン店を始めたのが始まりなんだそうです。

ちなみに劉壇祥が始めたのは味仙ラーメン。

中国をはじめ世界各地に店舗が存在する、ラーメンの巨大チェーンです。

フルスロットル級のクエスト情報からエネ

フルスロットル級のクエスト情報からエネミーが見れないの最高にクソデータ更新じゃなくて劣化させてんなハゲ

雨夜月

「綺麗・・」

晩秋の午後九時、私は彼と天保山の観覧車に乗っている。

まだ乗ったばかりだけど、徐々に見え始める夜景に思わ

ず呟いた。

二人とも軽くお酒、入ってる。

そう、軽く・・・ね。

本当は酒気帯びの人は乗れないんだけど・・

私は席には座らずドア越しに立ったまま夜景を見ている。

少しずつ地上から離れて夜景が広がっていく。

私たちの乗ったゴンドラが1/4ほど回った時、

「あのね・・」

顔は外を向いたまま。

だって、彼の顔を見たら何も言えなくなるから。

「なんでしょう?」

彼は何時も私に対して敬語を使う。

私が年上なのと、彼は口下手で不器用な人だから仕方な

いかな。

でも、もう少し馴れ馴れしくしてくれても良いのになと

時々思ってしまう。

私が何も言えないでいると、

「どないかしたんですか?気分悪くなったんですか?」

心配そうに聞いてきた。

「・・・あのね・・・、隣・・座ってもええかな?」

私は意を決して言ったつもりだけど、声は小さいし

震えてるのが自分でも分かる。

こんな事をお願いするのは恥ずかしくて顔から火が出

そう。

手すりを持つ手も汗が滲んでる。

「ああ、良いですよ。どうぞ。」

軽く即答されてしまった。

かなりの勇気を振り絞って言った私の言葉は呆気なく

了承されてしまった。

そう、彼はこう言う事に関しては疎い性格だったのを

忘れていた。

でも、それはそれ。

私は勇気を出して発言したのは事実だし。

「ありがとう。」

彼の右隣に座った。

「ほんまに夜景、綺麗やね・・」

街の灯り、船の灯り、そして星の川の様な高速道路を

走る車のヘッドライト。

空には星が瞬いている。

360度、星に包まれているよう。

「夜景見て“綺麗”しか言うてないですね。」

そう言いながら笑う彼。

「そんな事言うたかて、ほんまに綺麗なんやもん・・」

そして私は、もう一度意を決し、

彼の右腕に自分の左腕を回し、右腕で彼の腕を握り、

彼の右腕にしがみついてしまった。

「え・・・?」

さすがに疎い彼も少し戸惑ってるみたい。

でも次の瞬間に、

「まだ酔うてるでしょ。」

とツッコミが。

はぐらかそうとしてるのかな。

「うん、酔ってる。

だから、ちょっとだけ・・。ちょっとだけの間・・

観覧車が回りきるまでの間だけ甘えさせて・・・。」

そう言いながら彼の顔を見ると、彼と目が合ってし

まった。

あ、気まずい・・恥ずかしい・・・

でも彼は苦笑いしながら

「ちょっとだけですよぉ。」

と言ってくれた。

私は、彼の体に体重を預け、頭も彼の肩に預けた。

それから無言で夜景を見ている二人。

でも重苦しい雰囲気じゃ無い。

少なくとも私はもう、夜景を見る余裕も無く“綺麗”

の言葉も出ないほど体と心はふわふわしている。

観覧車は一番上まで来ていた。

ふわふわしてるのに、残された時間を考えると胸が

痛くなる。

観覧車が降りていくのに連れ、私の気持ちも現実に戻

されつつあった。

『あと数分・・このまま時間が止まれば・・』

と思ったが、口から出た言葉は

「観覧車、故障して止まったらええのに。

そしたら、ずっとこのまま甘えてられるのに。」

我ながら馬鹿な事を言ってしまった。

すると、彼は笑いながら、

「それは困りますよぉ。

故障なんかしたら新聞記者やらテレビ局のカメラ

とか来ますよ。

下手するとインタビューされたりするかもしれませ

んよ。」

「あ、それは私も困るかも。」

二人でクスクス笑ってしまった。

そして、また無言になる二人。

今、CHICKEN SHACKの甘いナンバーが流れたら、絶対

に落ちてしまうだろうな、私。

このまま落ちたい、落として欲しい。

でも、彼はそんな事するような人じゃ無い事は分かっ

てる。

だから好きになったんだし。

そんな事を思ってる内に観覧車は私を現実に戻してし

まった。

ゴンドラから下りると少し冷えた空気が私を包む。

「寒くないですか?ブーツ履いてはるけど、ミニスカー

トですし。」

何時もはそんな事に気を回す事の無い彼が聞いてきた。

「ううん。酔い覚ましには丁度良いくらい。」

次いで、

もうちょっと甘えたくて

「酔い覚ましにちょっとだけ海、見ていけへん?」

と言いかけたが飲み込んだ。

『これで満足しないと・・』

そう自分に言い聞かせて

「今日はありがとうね。風邪ひいたら大変やし、もう

帰ろ。」

本心とは逆の言葉を何とか口にした。

本当はもっと一緒にいたい・・・

もっと甘えていたい・・・

でも、我慢しないと。

「そうですね、もう帰りましょう。

本当は寒いんやないですか。」

「ちょっとね・・・だから・・」

私は彼の腕にしがみついた。

「駅に着くまで、このまま・・ね。」

駅に着いたらお互い別の電車に乗らないといけない。

彼に甘えられるのは、本当にこれが最期。

私の言葉には何も応えず

「じゃあ、行きましょうか。」

とだけ言った。

それが彼の優しさなのかもしれない。

そして二人は駅に向かって歩き出した。

駅に着くまで二人とも何も話さなかった。

でも、私の心は満たされ温かかった。

それも後、数分だけど。

そして、その数分後がやってきてしまった。

「今日は本当にありがとうね。」

これが今の私に言える精一杯のお礼。

「いえいえ、気をつけて帰って下さいね。」

いつも通りの彼。

彼の乗る電車が先にホームに入ってきた。

「じゃあ、お先です。」

「うん、バイバイ。」

と軽く手を振り、彼が電車に乗るのを見送った。

すぐに私の乗る電車もやってきた。

一人で電車に乗ると、寂しさがこみ上げてきたが、

それより、まだ体と心がふわふわしている。

何時もなら電車内では音楽を聞くのだが、今は

そんな気分にはならなかった。

私は、いつの間にか目を閉じ、余韻に浸っていた。

でも、今日が最初で最後のデート。

そう、今日のデートは私の我が儘を聞いて貰っただけ。

これ以上彼の優しさに甘えるのも、彼に迷惑を掛ける事

もしてはいけないし、したくない。

明日からはまたいつも通りに戻らなくては。

そして、彼に対する私の気持ちも心の奥底に大事にしまっ

て置く事にしよう。

私はMtF

好きな彼を・・カミングアウトした私を変わらず友達とし

て受け入れてくれた彼を巻き込んじゃいけない。

今日は“自認性の装いで外出したい”と言う私の我が儘を

聞いてくれただけ。

だから、彼にとっては単なるデートの真似事。

私の気持ちを彼は知らない。

知らない方が良い。

ただ・・今夜、眠りにつくまで余韻に浸るくらいは許して

欲しいな。。

−−−−−−−−−−−終−−−−−−−−−−−−−−−

広告を非表示にする

201789

派遣会社の営業マンに、毎日3時に帰ってしまう社員さんのことを含め、今困っている事を打ち明けました。

昨日会社の総務に話しているので、もう現場責任者にも伝わっていると思います。果たして今の状況は改善されるのでしょうか。

DTPデザイナーの仕事の件ですが、新しい派遣会社から紹介して頂きました。なんだか胡散臭そうな会社で心配ですが、一応職場見学だけでも行ってみようと思います。

はー、あと1日半憂鬱ですが頑張ります。

広告を非表示にする

2017/08/09

ヨーグルトなら自分で食べられるすっごく汚いけどww

食後にエプロン外したらグズったのでヨーグルト追加。

で。エプロン外したことに気付いた時には既に遅し

とりあえず今は見守って好きにさせてます。

断乳ケア終了!!

2回目のケアで助産師さんから終了宣言(-)/

ただ、左乳がまだ少し出てるけど経過が順調なので月末は自己ケアで大丈夫とのこと。

最後の母乳は少し黄色くベタベタするのが合図みたいです。

右乳は黄色くベタベタしてました。

あんなに巨にゅーだった胸もこれでもか!ってぐらい一気に萎んだよwww

さらば巨にゅー。

萎んだ分の体重は少し減るかな?と期待したけど変わらず。停滞中あと2キロなんとかならんかな。

うんともすんとも言わない我が脂肪。

おっぱい星人だった娘は

とにかく食べる量が増えてうんちっちを1日23回する。

深夜、早朝に起きることはなくなった。

執着がなくなったので母も少しは楽になりました。

座ったり抱っこする度、場所を問わず服を捲ったり引っ張って盛大にグズったりがなくなったのは助かる

でも母のわがままですが、断乳したくせにたまに授乳したくなる。でももう出来ないのよね。

なにわともあれ、娘よ頑張りました!

タブレット買ったり、積み木4段積めるようになったり発語も少しだけ増えてきたよー

広告を非表示にする

襟付き服で真面目&不真面目交互の日ロボットがやって来た!

はちみつ、普段食べる?

本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

最近は食べへんなあ

そう言えば、はちみつトーストを毎日食べてた時期もあったのに。

8/3の服装

ポロシャツ:BLUE

ジーパン:HusHusH

靴下:HeartBeat

帽子:OZOC

鞄主:NIKE

鞄副:X-girlムック本

鞄副のキーホルダー:3COINS

時計:Baby-G

サンダル:joujoulier

ポロシャツ、何故か裾にワンポイントが。

フラダンスの人。

ナップサック。

写真は使い回し

毎度御馴染み宇宙鞄。

写真は使い回し

サンダル。

写真は使い回し

この日からは、タイトルの通り、襟付き服で真面目&不真面目交互の日。長。

奇数回は真面目の日。

ということで、先ずは真面目から。

介護の仕事してはる人の制服風。

でも、実際仕事してないから妙に罪悪感が汗

このポロシャツ、色が気に入って買うたものの、小物類何色のん合わすべきか分からんかって、困ってた。

しかし、雑誌やら色見てる内に、もうこれは黒でええんちゃう?という気がしてきて、それならサンダルは差し色ということにすればええんちゃう?と思えてきて、この組み合わせになった。

うむ、特に違和感なし()

さて。

息子が赤ちゃん返りと反抗期混ざったような感じでややこしいのに加え、夫が買うて来たゼルダの伝説にハマり過ぎてゲーム脳というかゼルダ脳?になってんのをなんとかしてくれーい

と訴えてたら、夫がロボットのキットを購入。

早速息子と2人で製作。

こんなん。

PCでプログラムして動かせるんやてーよう分かってない

で、PC操作して走らしてたら

そら、娘が触るわな。

娘:待て待て!

ロボット:ひえ勘弁して()!

そうこうする内に、ある日事件が発生する。

ロボットの受難については、また後日笑

8/3の一曲

さよならのオーシャン/杉山清貴

夏と言えばTUBE!て言う人と、杉山清貴!て言う人やったら、やっぱり前者が多いんかな。

昨日TUBEについて書いといて何やけど、私は杉山清貴

イントロというか、出だしはちょっと楽しげやのに、後は短調。で、ドライブ向き。

大人になったら私もこんな御洒落に夏を過ごすことになるのかと思いきや、全然やったわって、前にも書いた気がしてきた汗

そうそう、そんなこと考えてた頃に毎月買うてた学研の中コースの付録の問題集の表紙が、夏になると杉山清貴の曲のジャケットか?と見紛うぐらい格好良くなるのが好きやったな。

中身の問題解くのは嫌いやったけどあかん。

神回速水もこみち、今度は魚にローズマリ

神回速水もこみち、今度は魚にローズマリーを刺しまくった盛り付けが話題にwwSキッチン-